曇りがちでしたが暑すぎずよかった

おはようございます!

これを書いてる9月4日(日)現在、ベルリン3日目のyumenです!
ホステルなので英会話レッスンバイトもできず、朝晩はブログ書いたりWEB設定と戦ったりしています・・・。わからんくせにGoogle Worklaceってのを導入してしまい、DNSとかSPFとか、シロウトが手を出す領域を超えてしまい大苦戦・・・(汗)そして進まない勉強&読書・・・。

そんなこんなで、今日も書きます旅ブログ!!

はじめてのフランス3
うるわしのコンピエーニュからパリへ

7月25日(月)

在宅勤務する友人と涙の別れを経て、コンピエーニュ中心地に向かいました!!市内のバスはなんと無料で、市民の税金で賄われているそうです。素晴らしすぎる・・・。

朝9時くらい!!とってもきもちよい!

コンピエーニュ城にむかいます

初日に通ったツーリストインフォ。立派〜!

めちゃくちゃ逆光。こういうとき、人間の目の性能の良さを思い知らされる。

おフランスだぜ!

なにしろフランス語がわからんので、個人宅なのかオフィスなのか公共の施設なのかわからん

つきました!Château de Compiègne

まだあいてないっぽい

すぐ横のカフェ、その名も『ブラッスリー・ド・シャトー』。大きいバックパックを背負ってるので、コーヒーをいただきながらオープンを待ちます。

観光地の目の前だからか、英語全然通じるし、店員さんめっちゃ優しかったです。ますます好きになるコンピエーニュ。値段覚えてないけど、チップ入れて €3.5くらい払ったような。

10時になったので、早速お城に入ります!!オーディオガイドが無料、しかも日本語あり!!
上の階段は、マリーアントワネットや子どもたちの居室などに通じていたそうです。

The Music Room。
お城についてはこちらのサイトに素晴らしいまとめがありましたので、興味のあるかたはぜひ。

とってもゴージャス

来賓室。身分によってイスの豪華さがあからさまに違うという・・・
英語のキャプションを頑張って読みながら進むのでだいぶ時間かかりましたが勉強になった・・・。

青い生地がとてもきれい

いぬ!コンピエーニュはルイ14世が何度も狩猟を楽しんだ美しい森があります。実はこの森、前日のラクレットパーティの後で行こうとしてたんですが、暑すぎて断念しました(笑)

いぬ

the Galerie de Bal (ballroom) 

大広間 。ゴージャッスすぎる

La Revue des ombres (1864: Victor Julien Giraud)
ナポレオン3世によって描かれた戦いの絵2枚がとてもかっこよかった

アンシャン・レジーム期、財政難だったフランス王家は大きな教会が建てられず、かわりに小ぶりなチャペルを作りました。7月王政時代、ルイ・フィリップ王の娘ルイーズと、ベルギー王レオポルド1世との結婚式がここで行われたそうです。

From 公式サイト

さてさて。おなかがすいちゃったので退出してメインエリアに向かいます。王宮につながってる公園もとっても素晴らしいそうですが、体力が・・・(汗)。あとやっぱり暑い。

聖ピエール教会に続く小道

Promenade SAINT-PIERRE DES MINIMES 12世紀の建物らしい

アート展示もやっているらしい

もどってきました!もうお昼なのでだいぶ人が歩いてます。なんか天気悪そうにみえますが全然そんなことないです!

おなかすいた・・・何食べようかな・・・

しっかりしたレストランはお値段が張るし、食べ切れない悔しさ、残しちゃう申し訳無さと戦うのが嫌なので、ケバブ屋に来ました!ケバブなら間違いない。
フランスのおいしいものは友人とタップリ食べたので、今日はジャンクにいくぞ。

テレビ見てたおじいちゃんは店員(店主?)だったらしく、カタコトの英語で優しく案内してくれました。ありがたい、そして嬉しい・・・。

水のボトル、ビミョーにかたむいてた。セットで€7くらいだったかな。

さて、ぐるっと散策しながら駅に向かいます。

ほんと、いいところだ!!!

いくつか博物館、ギャラリーがある

ジャンヌ・ダルクの塔(Tour Jeanne d’Arc de Compiègne) と呼ばれているコンピエーニュ城壁跡。写真がうまくとれず申し訳ない・・・。

また川を渡る。駅はこの奥。

橋を渡ってすぐ、素敵なホテル&カフェが。

駅前にきましたー!

電車、30分遅れ。まぁ、そうよね。通常運行。

自販機。どこでも基本値段が一緒の日本と違い、こういうところで買うお菓子はめちゃ高い。ちょっとトライしたいけど、値段に怯んでやめてしまいます・・・。

ホームに出てみました。改札はなく、E-チケットを車内検札係に提示する仕組み。

なんかある


窓には有刺鉄線

第二次大戦期、強制収容所に人を運ぶために使われた貨車。ぎゅうぎゅうに押し込められて長時間、さぞつらかったことでしょう・・・。コンピエーニュでは1942年から44年の間に4万人近い人々が連れ去られてしまったそうです・・・。

さて!!

コンピエーニュ編はここでおしまいです!!

この後無事にパリに戻った私は、新たな宿にチェックイン!!こちらはかなりパリ中心地にあるうえ、なんと・・・

HOTEL LUNA PARK

個室!!!
やったー!!

とーってもふるいアパルトマンを改装したホテルで、シャワーのみ共同のかなりリーズナブルなお部屋でした!!2泊で €92 (約14000円)※。ホステルに1泊5000円ちかくかかってることを考えると、個室でこの値段は破格。さらに地下鉄 Oberkampf駅まで3分弱、有名な観光地も歩いて30分くらいで、散策にぴったりのエリアでした。

※4月に予約した時の値段。その後さらに燃料コストが高騰し、直前に予約すると倍近かった気が・・・。

窓からの景色。清潔だし、トイレと洗面が部屋についている・・・最高だーー!!
しかし、お気に入りのTシャツを手洗いした後、部屋に干したまま忘れてきてしまったのが心残り・・・。

ここでまた2泊しまして、ちょっとだけパリの雰囲気に慣れてきたうえに、優しい人に沢山出会うことができました。中でも、私がパリ恐怖症になったと知ってわざわざ家に招いてくださった知人。
『少しでもパリでいい思い出を作ってほしくて』
って、そんないい人います・・・?!さらにお邪魔したお宅がとっても素敵なおうちで、かわいいベーベちゃんにもご挨拶できて・・・これだけでパリ行った価値ありまくりですわ!!感謝です!

相変わらずスーパー飯ばかりだったけど、パンもチーズもおいしくて、ケーキもコーヒーもおいしくて・・・。

パリ・・・
また来たい!
・・・お金を貯めてから!!!

ちなみにこの後はセルビア・ベオグラードに移動しましたよ!
読んでくださりありがとうございました!!!

【固定表示】投げ銭ツール

「ブログを応援したい」との声を受けまして、恐縮ながら設置しております。
いただいた投げ銭はサーバー代にあてさせていただきます!
一応、間に入ってる決済サービスStripeのセキュリティも確認済です(PCI Level1準拠) → 参考

※匿名希望の方は、名前の欄にニックネームを入れてください


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください