私の得意分野、それは旅行(あ、バンドしてますので音楽も!)
たまの休みくらい豪華に旅したい…という方はごめんなさい。
私のモットーは「安く、何度も、何度でも!」です。とにかく常に新しい景色が見たい旅中毒。
豪華な宿もたまには泊まってみたいけどさ…
今回は安い個人旅行を実現するための色々なWEBツールを紹介したいと思います。

 

…の前に。
格安旅行するならとにかく早めの行動あるのみ!!
当然ながら安くて良い条件のチケットからどんどん売れていくので、シーズンによりますが
最低でも3ヶ月前くらいから計画を立てられると安心です。ただ、格安航空券はキャンセル料が
べらぼうに高いorまったく返金されない場合が殆どなので確実に行けるとわかっている時しか
予約できないんですよね。変更可能なフレキシブルチケットは値段が跳ね上がりますが、
ケースバイケースで判断してくださいね。

 

■長距離航空券

Skyscanner スカイスキャナー
日本語対応。私が知る中では一番手軽で大体いつも安い。2015年末の東京⇔上海は35,000円でした。
国の設定を変えると、その国で販売されている格安チケットが探せるので若干料金が変わります。

 

 

 

 


Momondo モモンド
特にヨーロッパに強い。
LCC(格安航空会社)と普通の航空会社を組み合わせたプランや「出発地から離れた違う街から出るともっと安い時」
「電車の方が安い時」に情報を表示してくれる。”Visaは0、Masterは3ユーロ” といった支払手数料のほか
航空会社の荷物制限や追加料金まで教えてくれる万能さん。

注:コードシェア便(共同運行)ではない航空会社を乗り継ぐ場合、会社が変わる度に空港で一旦
自分の荷物を取り出し、到着ゲート(出口)を出る→出発ゲートでチェックイン、荷物預け、
パスポートコントロール、検査場通過などとても手間がかかります。
かなり旅慣れてる人向け。

 

 

 


Kayak カヤック
成田→ベルリン エティハド航空のチケットが最安(片道41000円)だったので利用しました。
上記サイトを探していいものがない時に見る程度。

 

 

☆注意☆
上記のような「チケット総合検索サイト」は、表示された金額のチケットが既に売り切れていることがあり
クリックして実際の予約画面を見たら○円高かった!支払い手数料が追加された!なんて場合もよくあります。
システム上仕方ないことなので、確認をお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

■短距離LCC(ヨーロッパ)

Ryanair ライアンエアー
アイルランドのLCC。おそらくヨーロッパを一番網羅している会社。最安で片道10ユーロから。
ベルリン⇔ブリュッセル(往復25ユーロ)、ベルリン⇔ロンドン(往復70ユーロ)と乗りましたが
今のところ大きな遅延はなし。本当かわからないけど定時運行率は90%超えだそうな。
そしてなぜか男性CA達が無駄にセクシー。フライト中もお客さんとジョークを交わしたりなんか
チャラいですが私はそのラフさも好きだし、アトラクション感あって楽しいです。

※注意
日本人始めEU市民以外が乗る時は国内線であっても必ずチェックインカウンターで
パスポートと印刷した航空券を見せ「ビザチェック」のスタンプをもらってください。
忘れると搭乗ゲートではじかれ、最悪飛行機に乗れません。

 

荷物制限
キャリーオン:大 55 x 40 x 20cm 10kgまで  小 35 x 20 x 20cm 良心的!
(大きい荷物は各フライト90個までなので、91個目からは預け荷物にされます。この場合は無料)
チェックイン:15キロまで 10〜45ユーロ  〜20キロまでは追加で5〜10ユーロ程度。

 

搭乗時、サイズ超過が疑われる荷物、特にスーツケースは高い確率で検挙(50ユーロ徴収)
されますがバックパックやハンドバッグ類は若干ゆるい印象。明らかに規定以上の荷物を
背負っている人が沢山居ましたが何も言われずスルー。どうやら機内頭上の荷物置き場が
一杯な時に足元に置けるかどうかにかかっているようです。
手数料一覧はこちら。

 

 

 


Wizzair ウィズエアー
ハンガリーのLCC。今まで見た最安は片道14ユーロ。
残念ながらベルリンから行ける目的地は4つしかなくまだ使ったことがないのですが、
機内持ち込み荷物制限が一番厳しく、なんとハンドバッグサイズ1個だけ無料
それ以上のものは片道10ユーロ〜追加料金が!2泊程度の小旅行でお土産も買わない人向け。

荷物制限
スモールキャビンバッグ:42 x 32 x 25cm 無料 すごい小さい!!!!
ラージキャビンバッグ:56 x 45 x 25cm 事前予約 10〜20ユーロ/片道 高い!
チェックイン:149 x 119 x 171cm  32kgまで 20〜50ユーロ
荷物追加料金確認ページ で細かく検索できます

 

 

 

 


Blueair ブルーエアー
ルーマニアのLCC。ブカレスト→ブリュッセル(確か25ユーロ)で搭乗。機体は古く座席も狭めだけど
ほんの数時間だったのでまったく問題なし。カップの紅茶かコーヒーが確か1ユーロ。

荷物制限
キャリーオン:55 x 40 x 20 cm 10kgまで
チェックイン:100 x 80 x 30cm 32kgまで 事前予約15〜34ユーロ 当日50ユーロ
※行き先とシーズンによって変わる。国内線は無料らしい。

 

 


easyjet イージージェット
私はまだ使ったことがありませんが、↑の会社ほど超格安ではないけど便利な空港に就航していて
サービスも↑より少し良い、というイメージ。

荷物制限
キャリーオン: 56 x 45 x 25cm 重量規定なし
チェックイン:20kgまで 事前予約16.9〜39ユーロ
手数料一覧

 

 

 

宿

Booking.com ブッキングドットコム
海外旅行時はもうここしか利用してません。サイトはサクサク、検索オプションもわかりやすく
目的地の無料ガイドがダウンロードできたり、5回以上予約・宿泊すると次回割引が受けられたり
サービスが充実していて大好きなサイトです。
口コミ(日本語じゃないけど)も参考になります。

 

 


agoda アゴダ

 

 


Airbnb
一般のおうちに泊まらせてもらう、民泊ってやつですね。海外では昔から普及してた宿泊形態ですが
このサイトが間に入ってくれることで金銭授受、ホスト&ゲストの評価、損害保険等の仕組みが
明確化し使いやすくなりました。日本人がホストをしているところもあるので試してみては。
日本で問題になっているのはいわゆる「又貸し」ですが、現実問題ホテルが全然足りておらず
一部地域を覗いて黙認状態らしい。さてこれからどうなるか。

 

 


Tripadviser トリップアドバイザー
ここで予約したことがないので詳しくはわかりませんが、
宿に限らず、様々な観光スポットやレストランの口コミが見られます。
世界中の旅行者が利用しているのでマイナーな場所でも情報が得やすい。
私が泊まるような格安ホステルはあまりなく、3つ星以上の宿が多い印象。

 

 

 

 

都市間の電車/バス/飛行機を一気に比較

GoEuro
超便利。
私はドイツなのでDB(ドイツ鉄道)と一緒に比較できるのが嬉しい。
ただし東欧などあまりポピュラーでない地域は結果が出ないこともしばしば。

 

 

Rome2rio
Goeuroがカバーしていないマイナー地域のバスも見つけられますが、情報が古い場合もあり注意。
リンク先の現地バス会社サイトが英語対応してなくて苦戦することも。

 

 

 

 

空港から市街地までの交通手段
これ、なにげに大事。せっかく安い航空券買ったのに空港が市街地から遠くて高くついた…
どのバスに乗ればいいかわからず適当にタクシー乗ったらぼったくられた…

なんてことも全然あるので、事前によく調べておきましょう。
ちなみにロンドンに行った時はStanstad空港という、いわば茨城空港的なところ発着だったのですが
事前にここで格安高速バスを取っていたので数ポンドで市内に行けました。ロンドンは道が常に混んでるので
2〜3倍時間かかるんですけどね。移動もまた楽し。

カテゴリー: ベルリン・ワーホリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ベルリン・ワーホリ

帰国してしまった あっさりワーホリ終了の巻

はい。帰国してもうすぐ一ヶ月になります。 ここまでの経緯を色々書きたい 続きを読む …

ベルリン・ワーホリ

ベルリンと東京とのギャップ

ベルリンに来る前は13年(あれ…14年かな)ほど東京に住んでいたのです 続きを読む …

ベルリン・ワーホリ

ドイツワーホリ・日本からの持ち物編3

こんにちは。 期間が空いてしまいましたが、今回は「持ってこなくてよかっ 続きを読む …