前回の記事を書いたあと、そういえばまだ必要なものあったな・・・
と気づいたので引き続き「持ってきてよかったもの」をまとめます。

 

・安い時計


日本で使っていた時計はちょっと重い&なくなったら困るものなので、壊れても盗まれてもいいものを買いました。
10気圧防水で1000円。いいんですかカシオさん…(感動)安くて丈夫な時計は日本製だと思います。

 

 

・パスポートケース

普段ベルリンではパスポートは携帯してませんが、旅行した時めっちゃ便利。
首にかけて隠していればよっぽどの強盗にでも遭わないかぎり(少なくともヨーロッパでは)盗られません。
よっぽどの強盗にあった場合どんな装備をしていてもたぶん無駄です。
カバンに入れておいてもさっと取り出しやすいし、100均は素晴らしい。

 

 

 

 

・南京錠 パドロック

これはワーホリ用というより主に旅行用。
もともと何カ国か旅するつもりだったのでホステルに泊まる時or治安が良くないところを歩く時用
100均で何種類か買っていきました。長さの違うものを持っておくと色々使える。
ただ結局のところ街歩きでいちいち手荷物に鍵をかけるのはかなり面倒だったので行きの飛行機と宿
(ホステルによってはロッカーに鍵がなくフロントで借りるor買わなきゃいけないことがあった)
くらいしか使ってない。ちゃんとしたホテルでも盗難が全くないわけじゃないし
私はホステルなんか泊まらん」って人も一個くらいあったら良いと思う。
自転車に使いそうなもう少し長い鍵もあると長距離移動で仮眠するときの盗難防止になると思います。
ちなみに個人的なオススメは左の「ちょっと長い」やつ。

 

 

・毛玉取り機

短期滞在の為なるべく服を買わずに持っている服を限界まで着倒そう
ということでこれを持ってきました。
ベルリンは小汚い格好をしていても全く気にする必要はありませんが、とっても優秀で重宝してます。
(ちょっと高いけどamazonで一番人気のやつ)

 

 

・モバイルバッテリー

デジカメや携帯の充電が切れたりした時用。
ASUSのこの機種めっちゃ軽くて9600mahもあって素晴らしい。
もちろんドイツでも売ってますがちょっと高い安いのもありました。秋葉原散策の時についで買い。

 

 

 

・水筒

ドイツは水もビールもとっても安いので、正直毎日買ってもそんなに痛手ではありません。
私はスーパーまとめ買いして運ぶのが面倒&ティーバッグのほうが安い&温かいお茶が飲みたい
という理由で日本から持ってきました。語学学校が始まると週5日もあるので大分節約になってると思います。
もちろんこちらでも水筒は売ってますが。
※飛行機の手荷物検査時は中身を空にして蓋を開けてスキャンに出せばOK。

 

 

 

・冷えピタとカイロ

”冷えピタ”じゃない…!!!
いざというとききっと役立つはずですが、貧乏性がゆえもったいなくてつかえない!
…本末転倒な状況になってます。この冬は絶対使おう。
こういう「たまにしか必要にならないけどあったら凄く便利」アイテムって意外と沢山あって困ります。

 

 

・洗濯ネット
こちらの水は超硬水。一度でも洗うと明らかに布がへたってしまいます。
クリーニングに出す程じゃないけど、ちょっとでも服を保護したい…って方は
服を裏返してネットに入れると多少ダメージは免れると思います。

 

・無印 裏写りしにくいノート
無理してまで持ってこなくてよいけれど。ドイツで質の良いノートを求めると3ユーロ以上します。
(ぺらっぺらでよければ1ユーロから)無印の安くて素晴らしいクオリティに感服。
・泡立てネット
硬水って凄いんです。泡立ちさえ悪くなるんです。笑
日本で普段使っている人はそのまま持ってきましょう。

 

次回こそ「持ってきたけど要らなかったもの」をまとめてみますね。では。

カテゴリー: ベルリン・ワーホリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ベルリン・ワーホリ

帰国してしまった あっさりワーホリ終了の巻

はい。帰国してもうすぐ一ヶ月になります。 ここまでの経緯を色々書きたい 続きを読む …

ベルリン・ワーホリ

ベルリンと東京とのギャップ

ベルリンに来る前は13年(あれ…14年かな)ほど東京に住んでいたのです 続きを読む …

ベルリン・ワーホリ

ヨーロッパを安く旅する

私の得意分野、それは旅行。(あ、バンドしてますので音楽も!) たまの休 続きを読む …