ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて
 @東京都現代美術館

科学未来館のこれ に行きたかったけど、夏休みだし混んでるとおもったので延期。

大平貴之のメガスタープラネタリウム、チームラボの4K巨大映像、

鈴木康広の動くプロジェクションなど素敵な作品たくさん。

が、宇宙に関する知識ゼロだったのでそのへん楽しみきれなかったかな。

宇宙ステーションや衛星に関する説明文の意味が全然わからなかった。

詳しい人は大興奮なのかしら。

名和晃平さんのクリスタル鹿の実物を初めて見たんだけど、本物のはく製を使ってるとは.

もったいないというか、贅沢というか。

鈴木さんの展覧会が水戸でやってるみたいなので行きたい。

相変わらずの豪華な常設展では大好きな泉太郎が見られてテンション上がる。

いろんな地方の展示を見にいくけど、正直MOTの常設と都内の主要な現代美術展示を

定期的にまわってれば、メインの日本人作品はおおよそ見れてしまうのです。

直島とか金沢まで行って見た作品が、翌週の森美術館で見れちゃったときはショックだったな…。


フューチャー縁日 @青山スパイラル

未来の縁日!大人の参加型展示でした。

EAT&ART TAROさんの「おごりカフェ」目当てでいってきた。

自分がドリンクを注文すると、次に来た人にだされてしまう。そして自分には

一つ前に注文した人のものが出てくる「おごりおごられシステム」。

私はグレープフルーツジュースをおごったんだけど、なんと自分に出てきたものも

グレフル。気が合いますな。見知らぬ「次の人」にメッセージもことづけできるらしい。

夜だったので展示のうちいくつか終了しちゃってたけど楽しかった。

自分が絵本の中のおばけになって、スクリーンに入れるユトレヒトの「おばけブック」とか

シアタープロダクツの、ワードローブの中の迷路にはいってだれかと出会える「Wordrobe」とか

紙に印刷された目が上から降ってくる「まばたきの葉」とか。

面白法人カヤック×トラフ建築設計事務所の「ツナガル屋台」

スパイラル入口に作られた屋台テーブルと、月島の「イマジアム」側のテーブルと

テレビ電話でおしゃべりして1つのテーブルをかこもう!っていう企画らしい。

しかし、準備万端でスタンバイするも、何度やっても回線がつながらず。。。結局そのまま

終了してしまったのでした。残念>< でもワイワイできたのでよしとしよう。

無料だし、全部さらっと見て30分くらい。

MOTは巨大すぎて半日かかるけど、気軽に見れるのもうれしいのです。

初めて知った作家さん、見たことあったけど認知してなかった作家さんがたくさんだ。

全部行けないのがジレンマだけど、やっぱ東京は面白いな。

カテゴリー: アートレポ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アートレポ

鈴木康弘展、リー・ミンウェイ展

ほぼ記録のみ。 リー・ミンウェイとその関係展@森美術館 台湾出身の作家 続きを読む …

アートレポ

ぐりとぐらとアートフェア東京

ぐりとぐら展 @松屋銀座 にいってきました。 宮崎駿氏が、「いやいやえ 続きを読む …

アートレポ

コバヤシタクさんと、松平莉奈さんの京都展示!!

rabukaのお知らせではないのですが、私が大好きな日本画家のふたりが 続きを読む …