2日目の昼!

豊島にむかいます。

※「豊島 ロッカー」 というキーワードでこのブログに来訪してくださる方が多いみたいなので

 追記します。(私が行った2013.12の閑散期の情報です。)


 家浦港の待合所の外にコインロッカー(300円)が20個くらいあるので

 大きな荷物でなければ24時間使えます。

 唐櫃港にはロッカーありません。雨風をしのげる場所も2畳分くらいしかないです。

 しかも船が出る時以外無人なので注意。

 港から見える範囲では、コンビニはもちろんとかスーパーや食料品店は見かけませんでした。

 何か困ったら、失礼のない範囲で島民の方に聞いてみるのが一番かと思われます。

IMG_7345.jpg

小さい高速船。


IMG_7348.jpg

30~40席くらいかな。

この船で犬島にもいけるので結構席が埋まってた。芸術祭で乗り切れない人続出ってのも納得。

IMG_7349.jpg

豊島の家浦港についたーー!いい天気で嬉しい。

白い建物が待合所。

IMG_7294.jpg

おだやかな漁港。


IMG_7350.jpg

宇野(岡山)⇔家浦(豊島)⇔土庄(小豆島)の大きいフェリーもここに来る

IMG_7357.jpg

島内バスの時間までかなりあるので、ゴハン食べるぞー!

IMG_7352.jpg

とおもったら、なんもないーーー!!!

IMG_7353.jpg

ネットの情報をたよりに歩いてみたけど、数少ないお店たちがどこもやってない><

IMG_7358.jpg

看板はあるのに>< 土曜日なのに>< どうして>< なんで>< 

おなかすいた>< お昼時なのに><

IMG_7355.jpg

「てしまのまど」でようやく鶏煮定食をいただきました。

普通の民家を〝改装した”お店は多いけど、おそらくほとんど〝改装せず”

古い漁具や本や食器もそのままで、情緒ある素敵なお店でした。

IMG_7359.jpg

レモンのような実のついた木がたくさん。


IMG_7362.jpg

港に戻って、13:38発の豊島島内バスに乗ります。

IMG_7363.jpg

バスは一日6本、往復12本しかありません。

おつりは一切でないので200円必ず用意しましょう。

IMG_7364.jpg

目の前は海!

IMG_7365.jpg

途中で降りて、「島キッチン」というカフェに来ました。

IMG_7366.jpg

会期中は2時間待ちもざらで、12時前にランチが売り切れるほどの盛況ぶりだったそうな。

IMG_7368.jpg

おなかはすいてなかったので柿のパウンドとオリーブサイダー。おいしい。

すぐ隣にピピロッティリストの作品があったので300円で見てきた。

古い小さな納屋中で映像が流れるやつ。

ピピロさんは寝ころびながら鑑賞できるでーっかいのが東京都現代美術館の

常設になってるので、特にリスト好きじゃなければ行かなくていい…かも。

外でずっと受付してたお兄さんが寒そうだった。

IMG_7369.jpg

みかん、20個くらい入って200円!!激安!

IMG_7370.jpg

味見ボックスまで!超おいしかったーー。

思い返してみると、島で食べたものの中で一番おいしかった笑

IMG_7371.jpg

民家の中を歩いて、地元民気分を味わいながら地中美術館へ。

IMG_7374.jpg

徒歩15分くらいだそうな。

IMG_7375.jpg

牛さん

IMG_7377.jpg

農作業のおじいちゃん&おばあちゃんと、軽トラくらいしか見かけない。

IMG_7378.jpg

海が青くて、おだやか。


IMG_7379.jpg

道が途切れている・・・?!

IMG_7384.jpg

バス停発見。

IMG_7383.jpg

「地中美術館前」。

IMG_7381.jpg

えっ・・・!




IMG_7385.jpg

ええええっ

IMG_7388.jpg

どこ?!?!?!

IMG_7390.jpg

どこーーーーーっっ??!!!

IMG_7392.jpg

坂の下にありました。ほんとびっくりした。



IMG_7396.jpg

お邪魔します。

かすかに映ってるオレンジ色は、さっきのみかん袋。

IMG_7397.jpg

チケット売り場からはこんな素晴らしい景色が。

1500円で、ロッカーにみかんと荷物を預ける。

IMG_7398.jpg

白いドームはカフェ&ショップ。

左側の道を進んで、ぐるっと5分ほど歩いて右のほうから帰ってくるコース。

作品は、途中にある大きな大きなドーム1つだけ。めっちゃ素敵でした。

(撮影禁止、大きな声禁止、土足禁止。画像はひろってきました)

IMG_7399.jpg

さて、唐渡港まで歩いて、戻りのバスを待ちますか。

IMG_7402.jpg

秋と海

IMG_7405.jpg

日が陰ってきてちょっと寒い。

寒さで結構疲れてしまい「心臓音のアーカイヴ」まで歩く元気がなく断念。涙

クリスチャンボルタンスキーさん、すみません。

クリスチャンボルタンスキーさんは十日町のキナーレでも拝見しました。

クリスチャンボルタンスキーさんまた豊島来たら必ず行きたいです。

クリスチャンボルタンスキーさんって言いたいだけでした。

写真とりわすれちゃったけど、唐渡港は家浦より全然小さくて、

船が着いたとき以外は人気のないとってもさみしいところでした。

狭い待合室でみかんを食べながら1時間くらい待って、

島内バスで家浦→高速船で宮浦港→フェリーで高松へ。

たった2日間島を歩いただけなのに、高松についたらそのにぎやかさに心からホッとしたのでした。


「まちのねずみといなかのねずみ」 を思い出した。

島もいいけど、私は明るくてにぎやかな街が大好きだ!!

カテゴリー: 直島とか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

直島とか

香川の旅 犬島編

いよいよ最終日、高松港→宮浦港(直島)経由→犬島!! おはようございま 続きを読む …

直島とか

香川の旅  直島編

直島・豊島・犬島のたび 各島へのアクセス!編 につづきベネッセ3島の旅 続きを読む …

直島とか

香川の旅 直島&豊島&犬島へアクセス!編

2013年12月、念願だった直島・犬島・豊島にいってきました!! が、 続きを読む …